チヌグヮーサバ(ちぬぐゎーさば)

意味

  1. ツノザメ

解説

サメ目ツノザメ科の総称。
全長1m未満の小さなサメ。

あまり食用にはならないが、肝臓にはスクワランオイルが豊富である。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • アカマンボウ
    鱗が赤く、体は円形で赤みが...
  • 硬骨魚類スズキ目ヒイラギ科の総称
    体の表面がぬるぬるしてよだ...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー
ページの先頭へ戻る