ファチコーミンナ(ふぁちこーみんな)

ファチコーミンナ

意味

  1. ハナイバナ

解説

ムラサキ科の1?2年生草本。

小さな白い花が、葉と葉の間に咲いていることから和名は「葉内花」。
方言名のファチコー(痒い)ミンナ(草)は、葉や茎に生えた固い毛が手につくと痒いことからきているようです。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • アデク
    フトモモ科の常緑小高木。山...
  • イヌマキ
    イヌマキ科の常緑高木。高さ...
  • 蒲葵
    ヤシ科の高木の植物です。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る