ミーフクラギ(みーふくらぎ)

または:ミーフックヮーギー 

意味

  1. ミフクラギ

解説

キョウチクトウ科の常緑小高木。
海岸近くや砂丘などに生育。
枝を折ると白い樹液がでる。
パッションフルーツのような美味しそうな実がなりますが、種子は猛毒です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
マラフクラ

同じカテゴリの沖縄方言

  • 蒲葵
    ヤシ科の高木の植物です。 ...
  • ツルナ
    ザクロソウ科の1年生草本。 ...
  • ノカラムシ
    イラクサ科の植物。 久喜か...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー