チンシチュウ(ちんしちゅう)

チンシチュウ

意味

  1. ビョウヤナギ

解説

オトギリソウ科の半落小低木。
生の全草を煎じて薬用としても利用できる。
薬効は胃けいれんやリュウマチ、咳止め、腰痛など
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • ソウシジュ
    マメ科の常緑高木。 幹や葉...
  • リュウキュウクロウメモドキ
    石灰岩地域の生育する落葉小...
  • アデク
    フトモモ科の常緑小高木。山...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー
ページの先頭へ戻る