パナリ焼

意味

  1. パナリ焼

解説

八重山諸島の新城島(パナリ島)で19世紀中頃まで焼成されていたといわれる素朴な土器。パナリ土器とも呼ばれる。
関連用語
ハナリ 
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 貯蔵を目的としてつくられた...
  • 夜光貝 ヤコウガイ
    リュウテンサザエ科の大型巻...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る