シケンジョウグサ(しけんじょうぐさ)

シケンジョウグサ

意味

  1. カッコウアザミ

解説

熱帯アメリカ原産。キク科の帰化植物。
沖縄では農業試験場の辺りから広まった草なので、「試験場草」と呼ばれるようになったそうです。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

同じカテゴリの沖縄方言

  • モクビャッコウ
    キク科の小低木で、高さは30c...
  • ヒメユズリハ
    トウダイクサ科の植物。 葉...
  • 琉球竹(ヤンバル竹)と呼ば...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー
ページの先頭へ戻る