ヤマザクラ(やまざくら)

ヤマザクラ

意味

  1. リュウキュウクロウメモドキ

解説

石灰岩地域の生育する落葉小高木。
花は2〜3月。果実は4〜5mmの球形で秋頃に黒く熟する。

煎じて飲めば神経痛やリュウマチに薬効があるともされています。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

離島の方言

奄美方言:
カワザクラ

同じカテゴリの沖縄方言

  • クサトベラ
    クサトベラ科の常緑低木。 ...
  • サキシマハマボウ
    アオイ科の常緑高木。海岸に...
  • センダングサ
    キク科センダングサ属の総称...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る