ブクブクーグーサ(ぶくぶくーぐーさ)

または:チートゥミグサ  ミンバイグサ 

意味

  1. リュウキュウボタンヅル

解説

キンポウゲ科のつる性の植物。
方言のブクブクーは、葉を水の中でもみ込むと泡が出る事から由来。
昔は止血に使われていた植物です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • ソウシジュ
    マメ科の常緑高木。 幹や葉...
  • 琉球竹(ヤンバル竹)と呼ば...
  • エノコログサ
    イネ科の1年生草本。 高さ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る