サクナ(さくな)

または:チョーミーグサ 

サクナ

意味

  1. ボタンボウフウ
  2. 長命草

解説

セリ科の多年草。
葉は肉厚で食用になり、市場でも良く見かける野菜です。
薬味やお刺身のツマとして利用する事も多い。

煎じて飲めば、高血圧や動脈硬化に効果があるとされる薬草にもなります。
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • カニの総称でつかいます。 ...
  • 豚足を煮込んだ琉球料理
    沖縄の代表的な豚肉料理の一...
  • ススキ
    イネ科の多年草草本。 沖縄...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る