チャーマーミ(ちゃーまーみ)

意味

  1. エビスグサ

解説

マメ科の1年生草本。
薬草として利用され、エビスグサの茶はハブ茶と呼ばれます。

視力回復や眼精疲労、便通に、高血圧の予防に効果があるとされています。
耳にする度
使用頻度1

全く耳にしない方言。おじーおばーなら通じるかも!?

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
チャーギー
八重山方言:
ハブチャ
奄美方言:
ハブチャ

同じカテゴリの沖縄方言

  • 貝の総称です。 ケーは二枚...
  • ナカハラクロキ
    ハイノキ科の常緑小高木。 ...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る