アイクバーキ(あいくばーき)

意味

  1. 籠網漁に使用する竹製の籠

解説

糸満ではティール、国頭ではアニクなどともよばれる。
魚が入ると出られない返しをつけて、籠の中に餌をいれ海底におろして漁をする。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • 貯蔵を目的としてつくられた...
  • ゆしどうふ
    にがりを入れて固まりはじめ...

沖縄方言クイズを読み込み中...
潮カレンダー