チヌマン(ちぬまん)

または:ツヌマン 

チヌマン

意味

  1. テングハギ

解説

スズキ目ニザダイ科タングハギ属の魚。
頭に大きな角があるのが特徴です。
刺身などで美味しいお魚。
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

離島の方言

宮古方言:
マブユ

同じカテゴリの沖縄方言

  • アジ
    アジ一般の呼称。マース煮(...
  • そば
    沖縄で「そば」といえば、日...
  • スズメダイ
    スズメダイ科の総称でもあり...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る