インゲンマミィ(いんげんまみぃ)

または:インジンマミ  サヤマーミ 

インゲンマミィ

意味

  1. インゲン

解説

マメ科の1年生草本。
沖縄県内でも各地で生産されていて、市場でもおなじみの野菜で冬から春が旬。

天ぷらやチャンプルーで食べることが多いです。

インゲンとソーセージの天ぷら
http://recipe.ajima.jp/recipe/?rid=170
耳にする度
使用頻度3

日常生活でたまに耳にしたりする事がある位の方言。沖縄方言に詳しい人は普通に使います。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • クビレヅタ
    「海ぶどう」という名で親し...
  • 豚の胃や腸
    沖縄で「ナカミ」というえば...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...

オススメ

  1. 首里整骨院
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る