ヌンクー(ぬんくー)

または:ヌンクーグヮー 

意味

  1. 豚肉と根菜の煮物

解説

漢字で「暖鍋」と表記する、中国語由来の料理。昔は火鍋に似たヌンクーという鍋で作っていたもの。
豚三枚肉、大根、厚揚げ、カステラカマボコ、田芋など、重箱に詰める材料を煮しめにした料理とされていますが、現在は各家庭でアレンジして作られている素朴な煮物です。
耳にする度
使用頻度2

詳しい人は知っているかもしれないけど、沖縄でも殆ど使われない方言。

カテゴリ

品詞

同じカテゴリの沖縄方言

  • つけ揚げ
    練り魚肉に人参とごぼうをい...
  • しまどうふ
    沖縄のとうふは木綿豆腐より...
  • カツオの内臓の塩辛
    カツオの内臓を塩と泡盛で漬...

あわせて読みたい


沖縄方言クイズを読み込み中...
イラスト沖縄
ページの先頭へ戻る